スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2空港線で見付けたもの

第2空港線にとある看板を見つけました。市電(LRT)の空港延伸の必要性を訴える看板です。
延伸の必要性を訴える看板(・ω・)ノ

点と線が結ばれてないと言われる、熊本の交通。ちょっと前に熊本日日新聞にも「遠い接点」というタイトルで社説が数日間掲載されていました。ずっと前から言われてきたことですが、熊本の交通行政はずぅーーっと後手後手に回り続けてきて、市と県が構想・実行する都市計画と交通政策は一線を画し、しかも一貫性がないと…正にダメダメな感じでした。地元経済界や住民などから要望が出されても市や県の回答はいつも「実現の可能性あり、調整中」ばかりです。正直呆れ返ります。

現在の空港は高遊原(たかゆうばる)台地に設置されていますが、移転前は長嶺の現在の県立大のところにありました。その当時は「健軍空港」と言われ、その健軍空港の出来る前は旧日本軍の基地や三菱の重爆撃機工場が置かれていました。利便性を考えるなら移転はしない方がよかったと思うんですが、今更言っても何も始まりません。

現在、熊本市中心部の熊本交通センターから高遊原(たかゆうばる)の熊本空港までは九州産業交通がリムジンバスを運行しています。渋滞してないときは35分ほどで行けるらしいです。ですが、ラッシュとかち合ったときは…40~60、もしくはそれ以上の時間がかかってしまいます。要は時間が読めなくなってしまうのです。同時に多くの人を運ぶ手段としてバスは有効かも知れないですが、定時制に優れてなければちょっと考え物です。

『なぜ、地下鉄でなく市電を延伸?』と疑問を持たれる方もおられるかも知れないですが、まず地下鉄は超ハイコストで、しかも熊本は地下水がたぷたぷと満たされているために、通常の地下鉄建設費以上のお金がかかるからです。通常の地下鉄の建設費は1kmあたり300億円。熊本市中心部から空港までの距離は約12kmほどあるので、ざっと見積もっただけでも3600億円もの建設費がかかります。おまけに地下水への影響も出てくるので、それ以上に建設費が膨らんでしまいます。それ以前に熊本市は政令指定都市ではないので、国土交通省から補助金が下りません。政令指定都市なら県の関与がなくなって、色々な都市計画がもっとスムーズに進むんですけどね…。現在熊本市も政令市昇格を目指していますが、早く昇格してほしいです。。話が少し逸れました(^-^;

地下鉄の話が長くなってしまいましたが、さて、市電(LRT)の延伸ならどうでしょう…?市電の建設費は1kmあたり10億円ほどで、地下鉄の30分の1です(地上部)。新規開業でなく、既存のリソース(設備、車両)をそのまま生かすことが出来るので、かなり安く済みます。おまけに沿線の佐土原などの郊外なら大規模な駐車場も確保することが出来、パークアンドライドを実施することも容易に可能です。人、環境に優しい街づくりをすることが出来ます。ヨーロッパやアメリカなどで路面電車が次々と復活しているのは、「人、環境に優しい」というのが市民に受け入れられたためです。まさに今の時代が求める、「古くて新しい都市交通システム」ということになります。こうやって言うのは簡単ですが、実際に実現するとなると、様々な問題が出てきます。まず一つはレールを敷くスペースの確保です。地上に敷くのか?高架にするのか?となると、やはり議論になると思います。市電だと道路信号で停車せざるを得ないので、都心部は高架にし、郊外は地上にとも言われています。まんま健軍からの延伸なら簡単かも知れないですが、現行でも熊本駅から健軍まで35分もの時間がかかり、市と県が目標としている、空港から熊本駅まで20分というのには果てしなく程遠いです。

昨年、熊本の経済界がDMBS(デュアルモードバスシステム)を作ろう!と行政に対し提言しました。都心は市電(LRT)の軌道を共用し、県庁付近から高架を作り、空港まで!ということだったんですが、未だ回答なし。やる気はあるのか!?と言いたいです。経済界から提言のあったDMBS、実はすでに試算もされているらしく、約400億ほどとのことです。さっきからDMBSと言っていますが、わかりやすくいうと、「連接バス」です。国内では神奈川県藤沢市で、神奈川中央交通(カナチュー)が運行しています。鉄道並みの輸送密度を確保することが出来、導入費用も地下鉄に比べると、とても安いです。しかも既存の環境をあまりいじらなくても導入出来ます。これは市電(LRT)に対しても言えることですが…。

それとこの前、県庁から益城熊本空港インターまでの都市高速or有料道路の構想が熊本の経済界から提言されました。もちろん高架です。県庁から益城熊本空港インターまでだと、直線距離は3.5kmほどになります。渋滞箇所だけをショートカットしようというものです。

こうしてみると、住民や経済界は熊本のことをしっかり考えていますが、行政は何をしているんでしょうか…?と言いたくなります。今まで書いたことは全て新幹線全通までに完成しなければいけないことですが、かなり難しいと思います。今のままの状況だと…です。もっとリーダーシップのある人が知事なり、市長なりやって頂きたいものです。考えてみれば熊本電鉄のLRT化や新水前寺駅周辺整備も止まったままです。一体どうなるんでしょうかね…(つд`)

最後にこれだけ言わせて頂きますが、熊本が発展しないのは都市骨格(インフラ)がしっかりしてないからです。産業振興のためには、しっかり点と線を結んで、都市圏交通のネットワークを確立しないことには何も始まりません。はい…。あとは目先のことだけ考えるのはやめることじゃないでしょうか。市町村合併のことに関しても同じことが言えると思いますが、保身や利権にこだわる議員が多すぎるように思います。住民のことを第一に考えるのが議員の使命のはずなのに、ほとんどが自分のことしか考えていません。また話がずれてしまいましたね(^^;100年先を見据え、一貫性のある、しっかりとした都市計画を実施しないといけないと思います。ちょうど今は熊本の転換期です。ターニングポイントにきています。今しっかりしないと、熊本に将来はありません。衰退のみです。

下記のは参考です。

神奈川中央交通、ツインライナー
http://www.kanachu.co.jp/twinliner/twinliner.html

地下鉄:3600億ほど。(12kmで全線地下)
市電(LRT):120億ほど。(12km、地上敷設の場合)
都市高速:80億/kmほど。(高架の場合)
参考:市電(LRT):80億/km(高架の場合)

長くなりました。最後まで読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

健軍自衛隊通りの桜並木も載っけます(=・д)(д・=)曇りなのが残念です(^^;
健軍の桜並木(=・д)(д・=)
スポンサーサイト

テーマ : まちづくり
ジャンル : 地域情報

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくちゃん

  • Author:ふくちゃん
  • 熊本市電写真館の「気ままブログ」です♪普段思った何気ないことなどを綴って参ります(・ω・)ノ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
ロケタッチ
マチカド。
熊本県の地域情報サイト【マチカド】
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。