スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本都市圏交通への提言

久々にちょっとお堅いお話をば…

現在、熊本では九州新幹線全線開業へ向けて、急ピッチとは行かないまでも、着々と準備が進みつつあります。現在はまだ構想段階なのがほとんどですが、時間があまりないので早く実行してもらいたいものばかりです…。

さて、自家用車から公共交通へと転換を促すためには何をしたらいいかというのを最近色々考えています。現在の熊本の公共交通の料金システムは主に従量制です。乗車時に整理券、もしくはバスカードをカードリーダーに通して、降車時に料金を支払うと言うものですが、はっきり言ってずっと昔から変わっていません。首都圏や近畿圏などではICカードを利用した料金収受システムが確立されていますが、それを熊本にも導入し、システムの簡素化を図ればちょっとは違ってくるんじゃないかな…と考えています。

九州では宮崎と長崎がICカードを使った料金収受システムを導入しています。福岡と熊本は磁気を使ったプリペイドカードを九州で初めて、しかもかなり早い時期に導入したため、今のところICカード導入の話は浮かんできていません。もしかしたらまだ償却出来ていないのかも知れないですが…。

熊本都市圏や、熊本市内に乗り入れるバスと市電では磁気プリペイドカード「To熊カード」が使用出来ます。きくち電車にも乗る機会が多々あるんですが、このプリペイドカードが使えたらどんなに便利かなぁと何度も何度も考えたこともありました。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、現在、熊本市電ときくち電車の熊本電気鉄道の相互運転・LRT化の案が浮上しています。2005年10月15日には北熊本駅構内にて「電車祭り」も開催され、市民にも「LRT」という言葉がだいぶ浸透したように感じます。

そこで提言です!熊本市の中心街などでは数年前からANAと連携してEdy(電子マネー)の使える加盟店舗を着々と増やしてきています。上通(かみとおり)・下通(しもとおり)・サンロード新市街などです。SuicaやIcocaなどは電子マネー機能も搭載しています。熊本にもそれを導入してみてはいかがでしょうか?Edyの電子マネー機能を搭載しているということは、もちろん「オサイフケータイ」でも公共交通の料金支払いが可能になります。LRT化と同時に、これも実現すべきだと思います。何十年も先を見据えた場合、必ずこれが身を結ぶはずです。

行政の在り方、交通の在り方、何にしてもそうですが、時代に合わせた運営をして頂きたいものです。あまり関係ないですが、合併に関してもそれが言えます。保身や利権、その他しがらみにとらわれていては何の進歩も発展もありません。九州新幹線全線開業となると都市間競争が今よりさらに激化します。と言うより、すでに始まっているのです。(例:熊本市のオフィス空き率増加など)都市圏交通の強化、各市町村バラバラな意見を言うのではなく、都市圏の実力や魅力の向上という1つの目標に向かって今こそ一体となるべきです。九州の中心に位置すると言う利点を最大限に生かすためにも、熊本市の政令市化も必要だと思いますし、それと同等、もしくはそれ以上に必要なことは熊本を陸上の物流拠点にするというのが大事なことだと思います。熊本空港の24時間化や熊本空港や熊本新港を結ぶ軌道系交通(LRT)の整備などです。州都を誘致するならそれくらいはしないと州都の誘致もあり得ません。

ちょっと長く書きすぎてしまいましたので、最後まで読んで頂いてありがとうございますm(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

私もブログ作りました☆

http://blog.livedoor.jp/ai_kojima2000/写メもあるので恥ずかしいケドがんばって作ったので見に来てください!
プロフィール

ふくちゃん

  • Author:ふくちゃん
  • 熊本市電写真館の「気ままブログ」です♪普段思った何気ないことなどを綴って参ります(・ω・)ノ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
ロケタッチ
マチカド。
熊本県の地域情報サイト【マチカド】
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。