スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市電の熊本駅高架下乗り入れについて

新幹線開業を1年半後に控え、日々変化が激しい熊本駅周辺ですが、2018年に在来線も高架化されて整備が完了したらどのようになるのか!?ということをちょっと考えていました。計画では「市電が熊本駅東口の在来線高架下まで乗り入れる」となっていますが、その様子をイメージしやすい画像をWikipediaの中で発見しました。

土佐電気鉄道高知駅前電停

熊本で計画されているのよりもちょっと小規模になるかとは思いますが、これが一番イメージしやすい画像になると思います。

路面電車の高架下乗り入れ・通過は高知のほかに、熊本でも熊本駅東口で計画、新水前寺駅では結節強化事業が進捗中であり、富山でも富山駅が高架化されたら富山ライトレールと富山地鉄市内線が直通することになっています。日本の路面電車もこれから新しい時代に移り変わろうとしているのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : 熊本のこと
ジャンル : 地域情報

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくちゃん

  • Author:ふくちゃん
  • 熊本市電写真館の「気ままブログ」です♪普段思った何気ないことなどを綴って参ります(・ω・)ノ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
ロケタッチ
マチカド。
熊本県の地域情報サイト【マチカド】
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。