スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本沈没

今一番観たい映画です。どうしても観たい映画ってのはかなり久々で、実は理由がありますヽ(´ー`)ノ

3年くらい前ですかねぇ。原作を読破したんですよ。メチャメチャ面白かったですΣd(・ω・)30年位前に発売された原作の日本沈没。今本屋さんに並んでいるコミック版も既に2巻とも買ってもちろん読破済みです。30年前に発売された原作と今回リメイクされた日本沈没、登場人物の名前は変わっていないものの、だいぶストーリーが違うみたいですね。でもそれはそれで面白いです。

戦争が終わって60余年。平和ボケしてしまった日本ですが、日本を取り巻くアジアは今、緊張状態にあります。考えたくはないですが、いつ戦争が起こったとしてもおかしくはない状態なのかも知れません。そういった意味でも、日本沈没の公開は丁度いいタイミングなんじゃないかなーとも思います。

と、どうしても映画館なりシネコンなりで観たい日本沈没という作品ではありますが、ちょっと不満が…熊本人ならではの不満です(´・ω・`)

ストーリーの中では…熊本が真っ先に沈没するみたいなんです…。

ゴルァ!!勝手に沈めんじゃねぇっ!しかも真っ先に…('A`)

熊本は九州島の真ん中に位置しており、ストーリーの中では、阿蘇が噴火し、それがきっかけで九州島が分断されることになってるらしいです。九州が分断されるってことは、熊本と大分がなくなるってことですねぇヾ(・ω・`;)ノしょぼーん。。ストーリーの中には熊本城も出てくるわけですが、阿蘇の火山弾が熊本城の天守に激突する…らしかです。

よくよく考えてみると、阿蘇中岳第一火口と熊本城の距離は概ね30~40kmくらいです。ありえねぇ。。と思う今日この頃であります。まぁ映画だから仕方はないですがw

そうそう、日本沈没のポスターもなかなか面白いみたいですね。

全国のポスターが見れます。
http://7c7c.seesaa.net/article/20814361.html

九州版
http://www.nc06.jp/special/wallpaper/nc06_wp05s.jpg

幻の名古屋版ポスター(ナナちゃんがひっくり返ってます)
http://blogs.yahoo.co.jp/beatarai/36457303.html

九州版は阿蘇をバックに、熊本城とヤフードームや福岡タワー、シーホークホテル、百道(ももち)あたりが炎上している様子が描かれています。しかも凄いことにマリノアの2基の観覧車まで描かれています。しかも福岡タワーのほぼすぐ横に…。距離的にちょっと無理がある気が…。まぁよかたいよかたいヾ(・ω・`;)ノ

かなり余談ですが、「ヤフードーム」に言い慣れてる人ってどれくらい居るんですかね?ヤフードームとなった今でもついつい「福岡ドーム」と言ってしまう自分が居ます…w

熊本城が出てくるのにもちょっとした理由があるらしく、日本沈没の監督さんと「セカチュー」で有名な行定勲監督はとても親しいそうで、どちらが早く熊本城を映画の中に登場させるかを競っていたらしかです。

元々行定監督は故黒澤監督の影響を受けて映画監督を志したんだそうな…。そして故黒澤監督は熊本城で「七人の侍」のロケをしたんだそうな…。それの撮影現場を観ていた若き日の行定監督は今…という風に繋がっているらしいです。

なんかいろんなところにリンクしてますねぇσ(o・ω・o)

とにかく観に行きますYO!
スポンサーサイト

テーマ : 熊本のこと
ジャンル : 地域情報

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくちゃん

  • Author:ふくちゃん
  • 熊本市電写真館の「気ままブログ」です♪普段思った何気ないことなどを綴って参ります(・ω・)ノ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
ロケタッチ
マチカド。
熊本県の地域情報サイト【マチカド】
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。