スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙そうそう

夏川りみの楽曲のひとつに「涙そうそう」という曲があります。この曲に対してはちょっとした思い出というか、思い入れみたいなのがありまして、この曲を聴くとちょっと悲しいという意味で複雑な気持ちになります。

2005年8月、TBS(東京放送)にて「涙そうそうプロジェクト・広島 昭和20年8月6日」というドラマが放送されました。戦時中の広島を舞台とし、当時の人々の人間物語や思いを繊細に描写したドラマでした。そのドラマのテーマ的な曲で使われていたのが、涙そうそうだったんです。以下、当時書いた詳細な感想です。↓
-------------------------------------
ただいま「涙そうそうプロジェクト広島」の放送が終了しました。考えさせられることがとても多かったです。物語はフィクションではあるものの、戦時下の日本の広島という地を舞台にさまざまな人間物語や描写が交錯する…自分たちが学校で習ったものが全てではなかったというのがわかったような気がします。「全国民が一丸となって鬼畜米英に立ち向かう…」や「お国のためなら自分の命をも捨てることが出来る…」などです。

自分たちも戦争は繰り返してはならないと何度も何度も言われ続けてきました。ですが、「なぜ繰り返してはならないのか?」というのは全く言われたことがなかったです。今日のこのドラマを見てそこの答えがようやく見つけれたような気がします。当時の広島に住んでいた人たちの生活の全てを一瞬にして奪い去った原子爆弾と言う兵器。人間というのはほんとに恐ろしい生き物です。ダイナマイトは当初岩盤を砕く目的で発明されたと聞きます。でも人間はそれを兵器にしてしまった…。そういうことを考えれるならもっと違うことが出来たのかも知れません。過ちを冒したとしても一度なら仕方ないかも知れません。ですが大戦後も核実験など60年もの時間が経った今も廃絶出来ていないのです。

日本人とアメリカ人の原爆に対する考え方も全然違うと聞きます。このドラマをもっと他の国で放送することは出来ないでしょうか?核の悲惨さを訴え続けていくのならぜひそれを実現して欲しいものです。もう既にあれから60年が経過しました。60年経っても未だに廃絶されるどころか益々原爆の技術革新が進んでいる現実。なぜ止めることが出来ないのでしょうか。

日本は世界中で唯一の被爆国です。時間はかかるとしても、原子爆弾と言う悪魔が完全にこの地球上から廃絶されるまで訴え続けて行かねばならないと思います。

-------------------------------------

涙そうそうプロジェクト・広島 昭和20年8月6日(東京放送)
http://www.tbs.co.jp/nadasoso/hiroshima/index-j.htm


あとひとつは、後輩の死です。2005年の5月くらいでしたかね。高校時代から一緒に演劇をやってきた後輩が亡くなりました。それは突然の知らせで、普通に出勤をしているときに突然友達から着信。電話に出てみると、後輩の訃報でした。最初は冗談かなって思ってたんですが、冗談なんかで電話なんかしてくるはずはないし…。それからすぐにお通夜の開かれる会場へと向かい、事実を目の当たりにしました。

お通夜が終わり、翌日の葬儀のときに、昔みんなで撮った写真を入れてあげようと思い立って電器屋さんへ。写真用の用紙を買って速攻家に帰りました。すぐにパソコンを起動。2001年からこれまでの演劇関係の写真を全て洗い出し、30枚ほどの写真をピックアップしました。全てその後輩が写っているやつです。印刷にも2時間以上の時間を要しましたが、ほんとうに最後の別れなのでそんなことは言っていられません。その夜、ふとラジオを聴いていると、夏川りみの涙そうそうが流れてきました。珍しく静かな夜で、自分は曲に聴き入りました。詩がすんなり心の中にしみ込んでいって、昔みんなで演劇をしていたときのことがフラッシュバックの如く頭の中を駆け巡りました。まだ事実を現実のものとして受け止められなかったんですかね。しばらく涙が止まらなかったです。

そして翌日、葬儀です。久々に集まった演劇の仲間と写真を眺めていました。でもじっくり眺める気にはならなかったのを憶えています。葬儀が終わり、出棺のときがやってきました。写真を入れようと棺に近づこうとすると、親御さん方が写真を見てくれました。ありがとう、ありがとうと何度も感謝されて、余計に涙がこみ上げてきました。それからみんなで火葬場に向かう車を見送りました。自分も最後を見届けるために車に乗り、火葬場へ。

火葬場に到着すると、まずは棺を炉の中に入れることになります。もう生きていないとはいえ、生身の肉体とも本当にここでお別れです。最後は顔を撫でてあげてその場を離れました。それから5分以上の間だったと思います。ずっと手を合わせて立ち尽くしてました。もちろんその間も走馬灯の如く昔の思い出が頭の中で流れていました。でも不思議なことにあんまり時間は長くは感じませんでした。それから係員の人が棺を炉の中へ入れ、親御さん方が2人で点火のスイッチを入れます。スイッチを入れるだけですが、とても何か重く、複雑なものを感じました。

火葬の時間は約1時間半ほど。その間は後輩が所属していた劇団の人たちと喋っていました。喋っているとあっという間に1時間半が経過。火葬終了というアナウンスが流れ、とある部屋へと向かいます。そこにはさっきとは全然変わってしまった遺体がありました。それからみんなで遺骨を骨壷の中へ入れます。遺骨とは言え、原型はほぼ留めていません。1500℃という高温で1時間半も焼かれると、骨もほとんどが粉々になってしまいます。でもそのときだけはちょっと様子が違いました。普通ならパサっという感じで骨が砕けるんですが、なかなか砕けなかったんです。まだ一生懸命に生きたかったんだなというのが伝わってきました。そう思うと泣かずには居られません。

遺骨も納め終わり、遺族の方と挨拶をして家路に着きました。

と、自分にとっての涙そうそうという曲いはこういう思いがあります。ひとつの曲とはいえ、人それぞれ思いは違うものです。人間ってのは不思議なもんですね。10人居れば10人違う答えがある。ひとつのもので捉えるのではなく、もっと色々な角度から見なきゃいけないんだなっとも感じます。人生ずっと死ぬまで勉強です。

長々とすみませんでした。最後まで読んで頂いてありがとうございますm(_ _)m
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくちゃん

  • Author:ふくちゃん
  • 熊本市電写真館の「気ままブログ」です♪普段思った何気ないことなどを綴って参ります(・ω・)ノ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
ロケタッチ
マチカド。
熊本県の地域情報サイト【マチカド】
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。