スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDDの寿命を考える

パソコンとは切っても切れない関係のハードディスク。(以下HDD)OS絡みのシステムファイルや各種データなどを格納するために大事なものですが、形あるものはいつかは壊れるわけで、ぶっちゃけいうと「消耗品」に該当します。普通売ってるパソコンにももちろん標準で積んであるわけで、空気の流れをあまり考えてないメーカー製のパソコンだとHDDの最高温度は夏場だと60℃以上になるようです。(最近は違うかも…)もちろん手で持つとヤケドします。

高熱のまな使用し続けるとどうなるか??

答えは考えなくてもわかります。もちろんHDDの寿命が短くなります。寿命が来る来ない関係なしにぶっ壊れる確率が高くなっちゃいます。夏場は特にヤヴァイです。ちゃんと冷やしませう。温度が一定ならまだいいんですが、HDDは急激な温度変化にもあまり強くないわけで、冬場でもちょっと危険です。最高温度はもちろん夏場よりも低くなりますが、温度差は夏場より幅が広いです。出来るだけ一定の温度で使用することをオススメします。

自分の場合、壊れる壊れない関係なく、HDDは1年~1年半を目安に交換するようにしてるんですが、「データ消失のリスク」を考えた場合、とても有効な手段です。HDDの温度も常に監視してるんですが、「状態良好」と言っても壊れないとは言えません。

冬場:8℃~35℃ほど
夏場:20℃~40℃ほど

を目安に使用しませう。もちろん何もいじらなければ60℃なんてすぐに突破しちゃいます。き、危険です('A`)

自分のパソコンは自作のデスクトップ。4年間同じケースを使用してきました。(中身は何度も取り替えました)でも古いんで空気の流れがあまり考えられてないわけで、ついに4年ぶりに新しいのを買いました。それに伴って外部から空気を取り込む、「吸気ファン」を2基、ケース内の熱を外に出す「排気ファン」を6基(電源ユニット含む)新設。ケース内に空気の流れを作って冷却性能をグッと向上させ、冷却効率も上がりました。HDDの温度も今の時期でも最高38℃となり、かなりの効果が表れています。でも一つだけ頂けないことがありまして…。音がうるさくなってしまいました(つд`)まぁ仕方ないっすねぇ~(-_-;)

最近流行りのHDDレコーダ。あれにも積んであるわけですが、HDDの寿命のことは考えてるんでしょうか…?買う人は素人です。多分HDDがぶっ壊れることまでは考えてないと思います…。これからクレームがすごいことになりそうですね('A`)

あ、一つ書き忘れましたが、HDDを交換するときは、ドライブを丸ごとコピー出来るソフトってのを使ってOSとかファイルとか丸ごと新しいHDDにコピーしてます。設定なんかもそのまま移動することが出来るんでなかなか重宝しとります⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン。再インストールっていう方法もありますが、あれは面倒くさくて時間がかなりかかりますから(^^;;こっちなら2時間もあれば作業が終了します。160GBくらいの場合です。

パソコン持ってる人はみんな気を付けませう(*´Д`)ノ('A`)
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくちゃん

  • Author:ふくちゃん
  • 熊本市電写真館の「気ままブログ」です♪普段思った何気ないことなどを綴って参ります(・ω・)ノ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
ロケタッチ
マチカド。
熊本県の地域情報サイト【マチカド】
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。