スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本の「街」が進むべき方向

と、最近こんなことも考えています。「肥後戦争」と呼ばれるくらい熊本では郊外型SCが乱立して、競争が激化しています。消費者側からすれば選択の余地が増えることで便利にはなりますが、それによって中心街が衰退すれば、地域の衰退にも繋がってしまいます。都市の個性やコミュニティ、伝統が失われるということです。全国的な郊外型SCの乱立によって、全国の諸都市でそれが現実のものとなっているところも少なくありません。特に車社会の浸透している地方都市でこの傾向がよく現れているようです。

郊外型SCがもたらす恩恵もあると思いますが、それによって地域の伝統が失われては元も子もありません。郊外型SCを運営している企業も所詮は民間企業ですので、利益が上がらないと判断すればすぐに撤退してしまいます。今の日本は人口が減少傾向なので、これからそれが現実のものとなっていくことと思います。

ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、今、都市の中心街に求められているものって一体なんでしょうか?郊外型SCはぶっちゃけどの店舗も同じようなものです。その郊外型SCと差別化を図るためには…?自分なりに考えてみました。

「より付加価値を高める」

と言ったことが必要かなって思います。昔、郊外型SCがまだ無かったころは中心街に出てこないと高額商品が買えないような状況でした。でも今は中心街に出てこなくとも、主なものは家の近くのSCで買うことが出来ます。SCでは出来ないこと…「街ぐるみのイベント」ですかね(^^;熊本も昔に比べて中心街でのイベントが増えてきました。定期的に「Street Art plex Kumamoto」というイベントも開かれています。個々のお店がイベントをやるのではなく、地域全体、商店街全体での結束を高め、ひとつのイベントを作り上げるのが大事なのかも知れません。それと大事なのは、中心街は「地域の文化発信基地・拠点」の役割も果たしているということです。熊本はミュージシャンやアマチュア劇団が多いところなので、その人たちやそれにまつわる人たちがもっと活躍出来る場や活動出来る場を作れば、もっともっと「街」としての機能を果たせるんじゃないかなって考えてみました。最近では熊本大学の「街なか工房」などもオープンしており、地域に開かれた大学、人が集まる場所と言う意味では良い傾向だと思います。

それと、熊本の場合、どんなに郊外型SCが乱立しても公共交通機関が全て熊本交通センターから放射状に張り巡らされているため、「シャッター通り」を免れているように思います。あと5年後には新幹線も全通、福岡まで30分以内(目安)にアクセス出来るようになり、熊本を取り巻く環境は大きく変わることになります。それと、車社会を抜本的に見直すという意味で、現在LRT化プロジェクトが具体化しつつありますが、人が来やすく、しかも誰にでも優しい街を作るためにはそれだけではいけません。今すぐはちょっと思いつきませんが、もっともっと出来ることがあるはずです。新幹線、水俣病、川辺川ダム問題、道州制、市町村合併や政令指定都市化、都市圏交通の強化など、熊本にはまだまだやらなければいけないことが山積みです。ですが都市基盤をしっかりさせなければ体力のある、魅力ある都市は作れません。もっと頑張らんといかんですねぇと思います(*´Д`)ノ

熊本はまだ、「都市間競争」を経験してない都市のひとつだと思います。熊本人の特徴のひとつとして、「郷土愛がとても強い」というのがあります。熊本しか見てない人が多くて、何でも熊本を基準に考える傾向が強いと思います。要は熊本の中しか見てないってことです。だから合併があんまり進まないんですよね。議員も議員で自分のことしか考えてないし、おまけに行政は行政で何をやってるんだか…。住民不在の行政って言われても仕方がないと思います。もっと外に目を向けて欲しいと思います。行政にしても、議員にしても、住民にしても…。今まではそれで良かったんですが、これからはそういうわけにもいきません。

なんかまとまりのない文章になってしまいましたね(・Θ・;)またあとで書き換えるかも知れません…
スポンサーサイト

テーマ : 熊本のこと
ジャンル : 地域情報

コメント

非公開コメント

プロフィール

ふくちゃん

  • Author:ふくちゃん
  • 熊本市電写真館の「気ままブログ」です♪普段思った何気ないことなどを綴って参ります(・ω・)ノ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
ロケタッチ
マチカド。
熊本県の地域情報サイト【マチカド】
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。